自律神経からくる身体の不調

メインビジュアル08-自律神経失調症

(ボタン)電話red-大

ライン予約2

このような症状ございませんか?

[check]いくら寝ても疲れが取れない

[check]呼吸がしにくくなる

[check]やる気が出ない

[check]食欲がわかない

[check]肩こり、首こりが酷い

[check]頭痛やめまいがあるが、検査で「異常なし」と言われた 

自律神経の不調は外見に全く異常がないため、なかなか辛さを解ってくれないと悩んでいる方が多いのではないでしょうか?

画像の説明

実際、頭痛やめまいで病院を受診しても、レントゲンやMRI、血液検査などで異常が見られない場合が多く「この不調がずっと続くのでは・・」と不安になって当院に来院されるケースが多いのです。

当整骨院には自律神経の不調で来院される方も多いのですが、

なぜ、整体が自律神経の不調にも効果があるのでしょうか?



それは、背骨・骨盤の歪み調整することにより、呼吸や血液、リンパの流れが整い神経の働きが正常化し本来の機能がもどってくる為です。
イラスト-血液の流れイメージ

当整骨院に来院される自律神経失調の方のほとんどは、交感神経が緊張して筋肉の緊張が高まり、肩こりや頭痛、吐き気、不眠、疲れが取れない方が多いです。

からだの歪みと自律神経の症状には関係性があるのです。
自律神経は背骨(特に首から下)に沿って走行しているため、背骨が歪んでしまうと自律神経にも影響を与えてしまいます。


自律神経には交感神経と副交感神経の二つに分類され、主に内臓や血管の弛緩や収縮などを調節する働きがあります。

しかし、いづれも自分の意思ではコントロールできません。

画像の説明

当院の自律神経に対する整体は身体の緊張を緩め、深い呼吸が出来るように全身を調整していきます。

自律神経がバランスが乱れると・・ 

自律神経は交感神経と副交感神経が状況により交互に入れ替わる事によりバランスが保たれています。
役割的に言うと

交感神経はONモード:仕事やスポーツなど体を活発に活動させる時に働く神経です。
交感神経の役割は心拍数・呼吸数が増え、血管を収縮させ血圧を上げます。

副交感神経はOFFモード:睡眠時やリラックスしているときに働く神経です。
副交感神経は胃腸の働きを高めたり、毛細血管を広げる栄養や酸素を細胞の隅々まで運び、そこで発生した老廃物の排泄をスムーズにする役割があります。そうすることで、からだの修復する働きがあります。

自律神経が乱れてしまうと

頭痛、頭重、まぶたが重い、光がまぶしく感じる、めまい、肩こり、動悸、不安感、疲労感、のぼせ、多汗、息苦しさ、胃痛、胃もたれ、下痢、便秘、不眠、冷え

上記のほかにも様々な症状があらわれます。


自律神経の不調を改善するには

自律神経の不調の改善のカギとなるのは副交感神経にあります。

自律神経の不調の主な原因はストレスによって交感神経が過剰に反応し緊張状態が長く続くことにあります。

ストレスと言っても大きく2種類あります。

精神的なストレス:仕事や育児、学業、人間関係、長期の痛みや不調など、精神面にかかるストレス

肉体的なストレス:仕事の作業や姿勢など身体の構造に直接かかるストレス

当整骨院では、肉体的なストレスにアプローチしていきます。

それは姿勢などの構造的なストレスを解消し、からだが楽になることで精神的なストレスも減ると考えているからです。


当整骨院の整体は『呼吸』を重要視しています。

画像の説明

身体のバランスが整うと、緊張して浅くなった呼吸が深くなり、からだ全体がリラックスしていきます。

リラックスすると過剰に緊張した交感神経が緩んでいきます。

そうすることで、副交感神経も正常に活動する様になり、本来の回復力が戻っていきます。

もちろん、日常生活での姿勢や身体の使い方も重要になってきますので、アドバイスさせて頂きます。



私の症状は施術してもらえるの?

『私の症状は大丈夫なの?』と思う方もいるかもしれません。

当整骨院では24時間メール・LINEでのご相談も承っておりますので、お気軽にメールしてくださいね。

画像の説明

ライン予約2


(見出し)料金-orange

初検料 1080

施術料 4320


自律神経の不調でお悩みの方は、すぐにお電話下さい。

(ボタン)電話red-大

ライン予約2

HP用画像パーツ「まずはお気軽にお電話ください」-オレンジ02



メールでのご予約・ご相談はこちら↓

画像の説明


a:3314 t:9 y:18