冷えと足湯

足湯の効果とは
冷え性の改善に効果がある。
下半身の血液循環を改善し全身の血流をよくします。
40℃くらいのお湯で温めると副交感神経が優位になりリラックス効果が高まり末梢の血管を拡張させ、足の血液の循環を良くし、腹部内臓の血液循環を改善させます。

足湯で熱を補給してあげることで肝臓の負担を軽減し、その分、肝臓が効率良く働くようになります。
肝機能アップすると解毒作用や代謝アップによる脂肪分解さようが高まります。

足湯は手軽にできる健康法です。地味に継続することによって効果を発揮します。

コメント


認証コード6631

コメントは管理者の承認後に表示されます。